私は、何かに長けた人で在りたいと思って仕事をしています。

他人と比べると、どうしても自分のできていないところや、能力の不足した部分に目が行きがちですが、だからこそ、他人とは違う自分の長所は何なのだろうと自分に問いかけるようにしています。

自分の長所を活かして伸ばしていけば、それが他人との個性の差別化にもなるだろうし、自分の価値を高めて自信に繋がったり、やりがいにもなると考えています。

具体的に何を伸ばしていくことが自分にとって効果的なのか、私の中でもまだ明確ではありませんが、それを見付けるためにも、日々色々な面で目標を持って挑戦をしながら、自分に働きかけ続けたいと思います。
 

好きな音楽を聴きながらブログを書いています。
なので今は普段より少しテンションが上がった状態だったりします。

今日は私の好きな音楽についてご紹介してみたいと思います。

私が好きなアーティストは・・・

天野 月子(天野 月)
UNISON SQUARE GARDEN
Cocco
GRAPEVINE
BUMP OF CHICKEN
Do As Infinity

傾向として『 ロックで、歌詞に物語があって、叙情的で、時にシビアな視点を持っていて、ユーモアや童心を忘れていない 』アーティストが好きです。

音楽という表現で、自由に、天真爛漫に、無から有の世界を創り上げる。
奏でられた音と、紡がれている物語に想いを馳せると、自分の知らない世界が広がるようで、遠いどこかを旅しているような気分になって、色々な感情が動くことを感じます。

楽しくて、わくわくして、元気が出て、ちょっと切なくなったり、考えさせられたり。
そうして音楽を聴いていると、気が付けばあっという間に時間が過ぎていたりします。

音を楽しむと書いて音楽。
私にとってはまさにその通りのようです。
 

9月に入り、文房具店や書店などでは早くも来年の手帳が販売されるようになりました。

文房具好きな私としては、来年はどんな手帳を使おうか選ぶのにわくわくするのですが、そんな風に少しずつ来年の気配がするようになってきたこの頃、時間の経過というのは早いものです。

昨年の年末に今年の目標を立てて、今日までそのいくつかは達成をしてきました。

それでもまだまだやりたいことは沢山あって、できていないことも沢山ある。
そうした現状に焦りも感じるけれど、できたことも沢山あるからそこは自分を褒めてあげないととも思ったり。

できていないことに目を向け過ぎるのではなく、できたこと(変化)にも目を向けて、自分が昨年以前よりは前進していることを時々振り返るように私は心掛けています。

良くも悪くもそうやって現状把握をしたら、そこからまた目標を再設定して先に進むことができますよね。

同じ一年を過ごすのなら、次の変化を楽しみながらわくわくして前を向いていたい。
そして一年が終わった時に、自信を持って昨年よりも前進した自分を認められていたらいいなと思います。

まだ今年は今月を含めて4か月もあります。
その時間を大切に過ごしながら、まだまだ色々なことに取り組んでいきたいと思います。
 

このところ、お弁当におにぎりを持って行くのが定番になりました。

色々な具材を詰めてみたり、炊き込みご飯で作ってみたり、形は同じだけど味や食感は様々で、なかなかに飽きずに楽しめています。

先日はテレビで紹介されていたトマトの炊き込みご飯でもおにぎりを作ってみました。レシピを少しアレンジして、自分好みの具材を入れて、おいしく頂くことができました。

おにぎりは作るのに手間もそんなにかからない上、アレンジが利くのでお弁当として重宝しています。

まだしばらくはこのまま美味しいおにぎりの具材がないか探して、作ってみたいと思っています。

おすすめのおにぎりレシピがありましたら、ぜひ教えて下さいね。
 


家の近くの水田に、夏ごろから水鳥が棲み付いています。
しかも一羽ではなく、おそらく夫婦二組で。

特に写真の白い鳥をよく見かけるのですが、優雅な動きで水田を歩いたり羽ばたいたり、何か分からない謎の魚らしきものを食べていたり、自由に生きている感じが見ていて和みます。

きっともうしばらくしたらどこかへ渡って行ってしまうのだろうけど、もう少しの間は、彼らが水田で暮らす姿を楽しみたいと思います。

自然があるっていいなぁ。