私は入籍をした後も旧姓で仕事をしているので、2か月経った今も実は新姓に慣れていなかったりします。

しかし先日、病院に行った時のこと。
受付で新姓の名前を呼ばれ、とっさに返事をしている自分に気付いて、意識より奥の無意識の領域では私が思う以上に新しい名前が定着してきているのだなと感じました。

新しい名前で呼ばれることに、まだこそばゆい感はありますが、
そんな変化の過程を経て、いつかは旧姓の私と新姓の私が一致してゆくのでしょうね。

 

目標へ向かう


ゆっくりと けれど一歩でも前へ
この一歩が 積み重なって道になる


辿り着く

 

最近、自分にとって新しい分野の勉強を始めました。


本を読んだりしながら没頭していくうちに、だんだんと学ぶという感性が研ぎ澄まされていくのを感じます。


すると不思議なことに、今まで当たり前だったものからも学べるようになるのです。
こういう感覚は久し振りで、楽しいです。


今はこの感覚をじっくりと味わいながら、さらに学びを深めていこうと思っています。

 

usagami.jpg


うさぎ好きを公言している私が、思いがけず出会ってしまいました。


場所は京都の三室戸寺というお寺。人間の身長よりはるかに大きな石像が鎮座しておりました。


「福徳兎」というそれは、抱えている球体の中に卵のような石があり、その卵らしきものを立てられたら幸福になれるという謂れがあるそうです。


折角なので私もトライしてみたところ、なんと一回で立てることに成功。

ありがとう、うさぎ神。


どんなご利益があるかは分かりませんが、こんな大きなうさぎの石像に出会えただけで、充分に幸せな気分になった私なのでした。

 

ほんの少しの光を絶やさないために
今 できることを考える

 

自分だけの役割はきっとある


見落とさないように目をこらして
皆 そうやって生きている