2016年も4月を迎えましたね。
今の時期は学業や仕事など、環境の変化を迎えられている方も多いのではないでしょうか。

自分や自分の周りの人の環境の変化によって、心も色々な刺激に敏感になるタイミングです。
今の時期にお勧めなのは、心の健康診断をしてみることです。

「自分の心は、最近疲れていないかな?」
「前より楽しかったり悲しかったりが感じられなくなった気がする」

ご自身の心の状態について、何か思い当たることはありませんか?

心は体と同じように、自分が健康だと思っていても本来の機能を発揮できなくなっていたり、気付かない内に健康を害していることがあります。

そうなる前に、定期的に心の健康診断、メンテナンスをしてあげることが大切なんです。

心の健康診断は、心理カウンセリングの中で行うことができます。
悩みや心配事に限らず、目標に向かうための心の在り方など、あなたの心が今求めているものを心理カウンセリングの中で見つめてみることで、心は整理され本来の機能をより発揮できるようになっていくはずです。

ただ、初めての心理カウンセリングの場合、一歩を踏み出すことにためらいがあるという方もいらっしゃることでしょう。

名古屋 栄カウンセリング 』では、この4月に『 心理カウンセリング 初回割引キャンペーン 』を実施しております。

心理カウンセリングが初めての方は、ぜひこの機会をお試しになってみてはいかがでしょうか。
 


『 名古屋 栄カウンセリング 』の『 心理カウンセリング 初回割引キャンペーン 』特設ページへは こちら からどうぞ。
 


今日はバレンタインデーでしたね。
仕事帰りにふらっとデパートに立ち寄ってみると、かわいくて美味しそうなチョコが沢山並んでいました。

バレンタインデー当日ということもあり、売り切れの品も多い中で見付けたのが写真のチョコレートです。

最近ちょっとお疲れモードだったので、甘いものでも食べて癒されましょうということで購入しました。

ほどよい甘さと、うさぎに癒されて満足でした。
また明日からも頑張れそうです!
 


アメリカ合衆国 : サンフランシスコ

カウンセリングの勉強のためセイブルック大学で短期研修を受けました。

この時ほど没頭して自分と向き合うことはなかったし、その経験があったからこそ今の自分があると言える、私の人生の方向性を決めるきっかけにもなった思い出の土地です。
 

カウンセラー仲間の 小野綾子さん と私で運営している『 カウンセリングオフィス+α 』では、毎月外部講師の先生をお招きしてワークショップを開催しております。

今月開催のワークショップは下記の通りです。

<2月ワークショップの日程>
2/11 (木祝) 10:00〜17:00
『プロカウンセラーになるための実践トレーニングWS』
講師:垂水俊輔先生
参加費:5,000円 (税込)
※カウンセラーもしくはカウンセリングを学んだことのある方が対象となります。

2/19 (金) 13:00〜16:00
『自尊感情を育む〜セクシュアルマイノリティの視点から〜』
講師:豆腐(きまた宗則)先生
参加費:3,000円 (税込)

ご興味のある方は、カウンセリングオフィス+αまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

カウンセリングオフィス+α 』お問い合わせ先
counselingofficeplus.a@gmail.com
 


以前の記事 で受験を宣言しておりました『商業簿記検定』まで、あと20日程となりました。

苦手な数字と向き合いながら猛勉強中です。

傍らでは、私のお気に入りである中部電力のマスコットキャラクター『 カテエネコ 』が見守っています。
 


昨年の12月から始めた読書マラソンが3ヶ月目を迎えました。

読書マラソン(私が勝手に命名しました)とは、図書館で一度に2冊本を貸りて、2週間後の返却期限にまた次の本を2冊貸りることを繰り返すもので、これによって読書の習慣を維持することができます。

もちろん、ただ貸りて返すだけでなく、本を読まなければ意味がありません。
なので読書マラソンでは本を読む時間の捻出と、何のために本を読むのかという目的意識が大切になります。

私の場合、本を読む時間は「一仕事終えて次の仕事をするまでの休憩時間」や「お風呂上り」や「出先での待ち時間」などを使っています。

本を読む目的は「知識の向上」や「今までにないアイデアを得るため」や「自分を奮い立たせるため」など、主には自営業をしている自分に必要なものを得るためです。

私は元々本が好きではあったのですが、会社員だった頃は仕事の忙しさを理由に習慣として本を読むことからは離れていました。

しかし今、こうして仕事をしながらでも本を読む習慣を取り戻すことができました。
私に足りなかったのは目的意識だったのだろうと思います。
目的が明確で自分が本当に必要としていることになら、人は優先的に時間を捻出することができるのですから。

これまでの2ヶ月で読んだ本は10冊。
そこで得た気付きは大切にメモに取ってあります。

それを活かしつつ、これからも読書マラソンを続けて新たな気付きを得てゆきたいと思います。
もしおすすめの本がありましたら、ぜひ教えて下さいね。
 


私は学生時代は美術を専門に学んでいました。
授業の一環として、国内の美術館や展覧会はもちろん、時には海外の美術館へ研修で行くこともありました。

実際に絵を目の前にして圧巻なのは、本で見るのでは分からない、画面のディテールや色使いや雰囲気で。

友人と一枚の絵の前で「何色と何色を混ぜたらこの色が出るのか」とか「この曲線が好き」と語り合ったのも懐かしい思い出です。

世の中には本当に沢山の画家がいて、世間での有名無名の評価はあるけれど、きっとそれぞれが表現しようと目指す何かがあって、それが絵には描かれていて。

自分の頭の中で想い描いたものを、感じたものを、時には内面すら、言葉ではない表現に託して世界に創造する。

絵を描くということに生じるエネルギーは、物理的にも精神的にも膨大なのだろうと私は思います。

だから今でも絵を観ることに惹かれるのかもしれません。
そこに表現された、描いたその人の何かエネルギーのようなものを感じ、心がじんとするから。

人間の創造力ってすばらしい。
 


マスキングテープにはまっています。

お店に並んだ、カラフルでかわいい様々なデザインのマスキングテープは見ていて飽きないものです。

貼ってはがせて、手作りのお供に大活躍しています。

お気に入りのノートや、手紙を書く時など、かわいく装飾できたならテンションも上がります。

私にとっての、仕事をより楽しくするツールの一つなのでした。
 

昨日の記事 に引き続き、『 カウンセリングオフィス+α 』で開催した交流会の様子をご紹介致します。

今回の交流会は、私がカウンセリングを学んだ母校である『 日本カウンセラー学院 』の卒業生を対象とし、カウンセラー同士の交流や情報交換の場として開催を致しました。
 


当日ご参加下さったのは、お世話になった恩師であり先輩カウンセラーの先生方を含め、総勢22名のカウンセラーの皆さまです。
 


今現在カウンセラーとして活動をされている方、これから活動をしようと準備をされている方、それぞれが生き生きとした表情で想いを語り合っていらっしゃいました。

そして、どの方とお話をしても感じたのは、皆さん受容的であるということ。

実際に、参加者の方からも「初めて会った人とでも話がしやすかった」であったり「場の空気が心地よかった」といったお声も頂いておりました。
きっとそれは、そう仰って下さった方も含めて、参加して下さった皆さまがカウンセラーマインドを持っていたからだと私は思います。

そうした人達が集まった場だからこそ、自然とあたたかく居心地のよさを感じられる場が出来上がったのでしょうね。
 


今回は私たち主催者にとっても、本当にすてきな経験をさせて頂きました。
関わりを頂いた全ての方に、お礼を申し上げます。

そしてありがたいことに、次回開催のご希望も多数頂いております。

次回はアンケートで頂いたお声も参考に、より皆さまにとって+αとなれるイベントをご提供できるよう、パートナーの 小野綾子  共々努めて参ります。

今後とも、カウンセリングオフィス+αをどうぞよろしくお願い致します。
 



今日は『 カウンセリングオフィス+α 』の交流会イベント当日でした。

何か月も前からパートナーの 小野綾子 さんと準備をしてきて迎えた今日。
参加して下さった皆さまに楽しんで頂けるかと心配をしておりましたが、皆さまの談笑する姿や、会場の雰囲気を肌で感じて、安心と共に感謝の気持ちで一杯になりました。

交流会の様子については、また後日改めてアップさせて頂きます。

本日まずお伝えしたいのは、参加者の皆さまへご参加頂いたお礼と、お疲れさまでしたということ、そして同じ時間をご一緒させて頂いたことへの感謝の気持ちです。

本当にありがとうございます!