個人経営のお店に行くと、そのオーナーさんの心配りや愛着のようなものを感じることがあります。

写真は、とあるカフェに行った時のものです。
飲み物を頼むと、おまけでお茶請けのお菓子がついてきました。

かわいい器に盛り付けされたお菓子は、言ってしまえば手間になるであろうサービスです。
けれど振舞われた側からしてみれば、こうしてかわいく盛り付けられて出てくると嬉しいものです。

このお店は店内を見ても、オーナーさんのこだわりが感じられました。
ディスプレイやメニュー表、店内の色味など、好きなものを集めたという一貫性のようなものがあります。

何よりオーナーさんの笑顔がとてもすてきで、楽しく仕事をしているように見えて、接客して頂いた時に私もついつられて笑顔になってしまいました。

好きなことを凝縮した空間で、生き生きと仕事をしているその人を見ていたら、すごくいいなぁと感じました。

自分のお店を丁寧に大切に作り上げていくこと。
それは私自身もお店を持つ者として、心掛けていたいことの一つです。

お店はお客様があってのものではありますが、お客様をお招きする前提として、自身が納得して居心地のいいと思えるお店作りができているかということも私は大切だと思っています。
自分が納得できていないものをお客様に提供するというのも変な話ですしね。

訪れて下さった方が心地よさを感じて下さる場所を提供できるように、これからも色々なものに意識を向けて、お店作りに努めていきたいと思います。
 

関連する記事
コメント
コメントする