私たち人間は、毎日色々な出来事がある中で生きています。

楽しいこともあれば辛いこともあるでしょう。
それでも、1日24時間という時間は誰にでも等しく与えられています。

できるなら毎日笑顔で幸せに過ごせたらと思っても、落ち込むことがあったり、体調が悪かったりすると、心と体が元気を出せないこともあります。

それだけでなく、そんな調子の時は普段より思考もマイナスな方向に傾きがちになります。

そもそも人間は他の動物にはない『考える』という能力を持っています。
それは一つの物事に焦点を当てた時、そこから考えを発展させ新たな気付きを得ることのできる、人間の成長に不可欠な能力と言えるでしょう。

しかし優れた考える能力も、時にはマイナスな方向に働くことがあります。
何か一つの出来事をマイナスと捉え焦点が当たると、思考もどんどんマイナスな方向へ発展してしまうことがある、ということです。

マイナスを捉える思考がマイナスを呼ぶ、そんなマイナスのループに陥った時にどうすればいいのか。
それは、ループに抜け道を作ってあげることです。

「こんな事もあんな事も嫌なことばかりだ!」
とマイナスにばかり物事を捉えるのではなく
「今日はこんな嫌な事もあったけど、そういえばあんな事の中に少しはいいこともあったな」
というように、どんな事でもいいので、物事をプラスに捉えてみるのです。

本来、物事にプラスやマイナスという区分はなく、どれもあくまで出来事の一つです。
幸せも、それを人の心がプラスに捉えるから幸せに成るのです。
その意識と視点を持つだけで、マイナス方向へのループは途切れます。

「世の中捨てたものじゃない」という言葉があるように、誰にとっての毎日もそうなのです。
探して、見付けたそれをプラスと捉え自分で認められれば、それが幸せになるのです。

あなたの今日には、どんな幸せがありますか?
 

関連する記事
コメント
コメントする