誰かと話をしていて、何となくもどかしさやすれ違いを感じることはありませんか?

その感覚は、相手が話をする時の表現方法があなたと異なることで起こるのかもしれません。
人には思考優位な人と感情優位な人がいて、どちらがいいというものではありませんが、自分と異なる表現方法を優位とする人とは話にすれ違いが起こることがあると言われているのです。

まずはご自身がどちらのタイプか見てみましょう。
あなたが普段話をする際の表現に近いのは次の二つのどちらですか?

ゞ饌療に説明することが得意、理屈っぽいと他人から言われる、話が理路整然としている。
「つまり」などの接続詞や「私は〜と思う」など説明口調を使うことが多い。

比喩的表現を用いて話をすることが得意、感情的と他人から言われる、とりとめのない話が多い。
「わぁ!」などの感嘆詞や「嬉しい!」など感情を直接的に語ることが多い。

いかがでしたか?
,六弭様グ未凌佑法↓△牢蕎靈グ未凌佑紡燭ぅ僖拭璽鵑任后
他にも、思考優位の人は語る内容も饒舌で文章量が多かったり、感情優位の人は感覚的に直感的に豊かな表現を用いることが多かったりします。
では思考優位の人と感情優位の人がどのようにすれ違うのか、一例を挙げてみましょう。

A「あなたなんて嫌い!」
B「どうしてそんなことを言うの? 理由を教えてよ」
A(もう!いつも理屈ばっかりで私の気持ちを分かってくれない!)
B(もっと具体的に分かるように言ってくれれば改善できるのに…)

A は感情優位の人で、気持ちをそのまま語っていますがB の思考優位の人に理性的に返され、感情をないがしろにされた思いでいます。
一方B は建設的な話をしたくても感情ばかりで具体性の見えないA の話に困ってしまいます。

あくまで一例ですが、このように思考優位の人と感情優位の人とでは表現方法や物事への着眼点が異なるため、どうしてもこうしたすれ違いが起こりやすくなってしまいます。

それを防ぐためにも、相手が思考と感情のどちらを優位にしているかを踏まえ、思考優位の人には筋道の通る話を、感情優位の人には感情にも焦点を当てた話を意識してみてはいかがでしょうか?
相手から「この人は話が通じるな」と一目置かれるかもしれませんよ。
 

関連する記事
コメント
コメントする