『顔は履歴書』という言葉を聞いた事はありますか?

これは人間が他人の表情から、体の状態や心の動きなど、人となりを判断することを表した言葉です。

時に、表情は言葉よりも雄弁にその人を語ることがあります。
例えばあなたに優しい言葉で利益のある話を持ち掛けてくる人がいたとして、眉間に皺を寄せ目が笑っていなければ、果たしてその言葉が本心なのか疑いたくなってしまうのではないでしょうか。

ことわざにも『目は口ほどに物を言う』とあるように、言葉以外の表情からも人はメッセージを受け取ります。
このメッセージは心理学的にはバーバル(言語)とノン・バーバル(非言語)と呼んで分類しています。

表情は非言語の一つとされており、メラビアンという心理学者の研究によると、人間が非言語の中の特に表情から受け取るメッセージは55パーセントとも言われています。
そう考えると、表情がいかにメッセージ性を持つのか頷けますよね。

よほど表情を隠すのが上手い人でも、表情筋の動きなどから些細な変化は起こるものです。

そして長年の表情の積み重ねで、よく笑っていた人なら目尻に笑い皺が、怒りを覚えることの多かった人なら眉間に皺ができるなど、顔にはその人の歴史が刻まれていくのかもしれません。

一方で、表情はトレーニングによってある程度コントロールできるものとも言われています。
笑顔が苦手という方は、鏡の前で口角を上げる練習をしてみて下さい。
そうすることで表情筋が笑顔の形を覚える、ということもあるそうです。

心の持ち方だけでなく、心を含めた自己を表現する道具として、自分の表情を捉えて扱うことも、コミュニケーションを円滑にするために有効なのではないでしょうか。
 

関連する記事
コメント
コメントする