ここ最近はすっかり気候も初夏のようで、外を歩いていると汗ばむ日も増えてきたように思います。
気候や汗によって体内の水分量が失われやすいこれからの時期ですが、皆さんは意識して水分補給をしていますか?

インストラクターの仕事柄このような質問をすると、中には「私は汗をかかないからそんなに水分を摂らなくても大丈夫」とおっしゃる方もいます。
実はその考え、少し体に優しくないかもしれません。

ご存知の方もいるかと思いますが、体内の水分は汗以外の要因でも失われていきます。
呼吸をする時、話をする時、何もせずじっとしている時にでも皮膚から水分が抜けていくなど、一例ですが様々な要因で水分は失われます。
だから汗をかかないことがイコール水分不足にはならないではなく、自覚のないまま水分不足に陥り、脱水症状など体の不調を引き起こす可能性もあるのです。

因みに「ちょっと喉が渇いたな」と思うことはそんなに珍しいことではないと思いますが、この時にすでに軽い脱水症状が始まっているとも言われています。
ただし、年齢と共に喉の渇きを感じる感覚が鈍くなるとも言われているため、渇きを感じなくてもこまめに水分補給をしてあげることが脱水症状の予防になります。

水分補給の目安は一日1.5リットルから2リットルと言われていて、大量に汗をかく環境にいた場合には塩分補給も併せて行うことが好ましいとされています。
とはいえ沢山水分を摂ればいいというものではなく、発汗量が少ない方は水分の多量摂取による水中毒の危険もあるため、ご自身の状態に合わせた水分補給をなさって下さいね。

また、水分補給により血流や新陳代謝が促されますので、むくみの改善や肌がきれいになる、といった美容面での効果も期待できます。

皆さんもこれからの時期に、健康と美容のために水分補給の習慣を意識してみてはいかがでしょうか?
 

関連する記事
コメント
コメントする