カウンセリングオフィス+α 』で、ワークショップを開催しました。

このワークショップでは、カウンセリングを学び、カウンセラーとして活動している方や、カウンセラーとしてこれから活動してゆきたいという方を対象に、6時間という長丁場でスーパーヴィジョンや実習トレーニングをみっちりと行うものです。

参加して下さった方は、ご自身の課題を発見したり、トレーニングの中から自信に繋がる手応えを感じていたりと、それぞれがトレーニングの必要性と継続に価値を見出して下さっていました。

カウンセラーとして資格を取ったらそれで終わりではなく、学びを続けることや、自身の技術や在り方を振り返ることは、臨床家として大切なことだと私は思っています。

だからこうしてワークショップを通じて参加者の方々のカウンセリングに対する想いに触れると、私も臨床家として刺激を受けますし、主催者の一人としても益々身の引き締まる思いがします。

参加者の皆さん、講師の垂水先生、このたびはありがとうございます。
またのご縁がありますことを、楽しみにしております。
 

コメント
コメントする