最近、街路樹に電飾を取り付ける作業をよく見かけるようになりました。

きらきらと色とりどりの装飾は、早いものでもうクリスマス使用の物もあり、見るとうきうきしている自分に気付きます。

バスに乗って大通りを通れば、車窓から見える電飾がまるで光の路のようで、仕事帰りの疲れもちょっと癒される気がします。

誰かが灯してくれた光によって、こうして元気をもらえることに感謝しつつ、明日の帰りも車窓からの眺めを楽しみにしようと思います。
 

関連する記事
コメント
コメントする