先月に亡くなった義祖母の49日法要を行ってきました。
写真はその際に供えられていた『お霊供膳』です。

『お霊供膳』とは、49日法要までご霊前・ご仏前にお供えする小型の御膳のことです。

私の実家との宗派なのか風習の違いなのか、お霊供膳というものを私は初めて見たのですが、義母が作ったミニチュアサイズの御膳があまりに立派で感動したので、ご霊前に失礼かとは思いましたが写真に収めてしまいました。

法要の際に改めて義祖母との思い出を振り返り、もう会ってお話できないことがさみしくはありましたが、これからは生きている家族同士で故人を思い出すことが供養になればと思っています。

おばあちゃん、私にとっておばあちゃんとお話できたことや、遊びに行って笑顔で迎えてくれたことがいつもとても嬉しかったです。
ありがとうございます。
おいしいご飯を食べて、あちらでも安らかにお過ごし下さいね。
 

関連する記事
コメント
コメントする