最近は改めて毎日、居合の稽古の時間を設けるようにしています。

時間にしては30分ほどのものですが、基本である足運びや構えの取り方、素振りなどを行っています。

段位が上がれば覚える技も増えて、難易度も高度なものになるため、どうしても技を覚えることに目が行きがちになってしまいます。

けれど、だからこそ基本が大事で。
基本ができなければ、応用に至ることもできない。
応用してみたとしても、基本が至らなければやはりそれは土台からして不完全なものだと思うのです。

基本が一番難しい。
段位が上がるほどに、それを痛感しながら稽古をするようになりました。

その上で現状に甘んじず、道を丁寧に歩み、その過程も楽しんでゆきたいと考えています。

これからも初心を忘れずに、こつこつと稽古を重ねて精進して参ります。
 

関連する記事
コメント
コメントする