笑顔で楽しそうな表情をしている人と、眉間にシワを寄せて不機嫌な表情をしている人がいたとします。
あなたはどちらの人と関わりを持ちたいですか?

人には生まれ持った顔があり、それは整形でもしない限りパーツそのものが変化することはありません。

しかし表情は違います。
意識一つで、見る人の印象を変えることはできるのです。

特に社会の中では常に人と接する機会が発生します。
友好関係を築きたい人や、お客様に接する時など、場合によっては心とは裏腹の表情を作る必要もあるかもしれません。

例えばプライベートで嫌なことがあってどうしてもイライラしてしまっている時、仕事でお客様と接する際にその気持ちをそのまま表情に出すでしょうか?

おそらくは、仕事のプロであるならそんな心理状態でもお客様の前では笑顔を作るのではないでしょうか。

口角を上げてみたり、目を細めて笑ってみたり、表情を作るだけでなく、そこに相手を思いやったり満足してもらいたいという気持ちが籠っているのなら、さらにそれは表情に豊かさを含み表現されることでしょう。

ただし、表情を作る時に注意が必要なのは、自分の気持ちを押し込めすぎないことです。

場合によって、ネガティヴな感情を表情に出すことが適切でないからといって、例えば「イライラしちゃだめ」と自分がその時抱えている感情まで否認しなくてもいいのです。

大切なのは「今私はイライラしてるなぁ。けれどお客様の前ではその感情はちょっと置いておいて笑顔になろう」と、自分の感情を認めた上でネガティヴなものを今は出さないと選択することです。

時と場合という言葉がまさにその通りで、人間いつも笑顔でいたり機嫌の良い状態でいられるわけではありません。
だからそうでない時にどう振る舞うのか、場合によっては選択が必要になるのです。

表情は意識して作り出すことができるからこそ、その意識があるかないかで他人から見たあなたの印象やコミュニケーションの円滑さも変えられるかもしれません。

あなたは普段、どんな表情で人と接していますか?
 

関連する記事
コメント
コメントする