個人で目標を立てたり改善努力をしていると、どこかで壁に突き当たり歩みが止まってしまうことがあります。

この壁を越えられるのか先が見えない不安がある…普段は強気な人でも時にはそんな風に弱気になってしまうことだってあるかもしれません。

そんな時は、周りを見回してみて下さい。

あなたの周りには、きっとあなたを応援し、協力してくれたり見守ってくれたりする人がいるはずです。

そういう人物に心当たりがない人は、協力してくれそうな人を周りで探してみて下さい。

自分に協力してくれたり見守ってくれる人など、協力関係にある他人が人生に介在することで、人は個人では発揮することのできない力量を発揮することができると言われています。

あの人がいるから頑張れる。
それと同じように、あなたも誰かに今この瞬間必要とされているかもしれません。

協力関係の形は様々です。
身近なところでもしそれを得ることができないのであれば、あなたが前に進むためにカウンセリングという手段も有効かもしれません。

そこではカウンセラーとクライエントが、クライエントの望む目標や悩みをテーマに、達成や解決に向けて協力関係を持って取り組んでいきます。

カウンセリングでも、身の回りの人でも、あなたが本来持っている力を最大限に発揮するために、あなたの力となってくれる人を探してみてはいかがでしょうか。
 

関連する記事
コメント
コメントする