カウンセリングオフィス+α 』で、第10回研究会を開催しました。
今回のテーマは『精神分析』です。

精神分析とは、19世紀末に活躍した精神科医のジグムント・フロイドによって創始された、人間の精神の働きを研究した治療法ならびに心理療法であり、人間心理についての学問体系でもあります。

今回は精神分析の基盤となっている「無意識」における、無意識の働きの代表的なものとして『防衛規制』について学びました。

実習では、無意識へのアプローチ法として有効であると言われているコラージュセラピーも参加者の方に体験して頂きました。
 


コラージュセラピーを初めて体験した参加者の方からは「楽しかった」という感想や、「作る過程でのカタルシスがある」ということへの実感を伴う気付きを頂けたようで、こうした体験型の実習は今後も取り入れていけたらと検討しております。

気付けば研究会も10回目で、おかげさまで未開催もなくこれまで沢山の方にお越し頂き、本当に感謝の気持ちで一杯です。

これからもお越し下さった方のプラスアルファになるものを提供できるよう努めて参りますので、どうぞこれからもカウンセリングオフィス+αをよろしくお願い致します。

今回もご参加頂いた方へお疲れ様です。
またのご縁を楽しみにしておりますね。
 

コメント
コメントする