カウンセリングにおいてクライエントの相談の目的はいくつかのカテゴリに分けられますが、その一つに『自分の考え等について保証と確認を求める』というものがあります。

これはクライエントの中である程度答えは出ているが自信のない事柄について、自分以外の視点からの肯定を求めるものです。
この相談の目的が満たされることで、クライエントは自分の決断に自信を持って臨むことができるようになります。

たとえば、あなたが周りの人から
「○○について、私は△△しようか悩んでるんだけどどう思う?」

と相談された場合、あなたならどう答えますか?

もちろんそれ以前の文脈も踏まえての受け答えにはなるでしょうが、その際に注意が必要なこととして、この相談ニーズの場合「相手に問われたから自分の意見を答えた」だけでは上手くいかない場合があります。

問われて答えたそれが、クライエントの考えと合うものであればそれも肯定となりますが、もし違った場合にはクライエントにとっての否定ともなりかねないのです。

カウンセリングに関わらず、話す側と聴く側の求め答えるものの違いはよくあることです。

だからこそ、話を聴くことは難しいとも言われます。
私たちカウンセラーも、クライエントがどう考え、何を求めて相談に来ているのかを丁寧に聴いていくことで、ようやくクライエントの目的に適う対応をすることができるのです。

相談の目的は様々で、目的に合わせて対応が必要という事を踏まえて他人と関わることで、その関わり方はずいぶんと変わってきます。

他にも相談の目的として挙げられているものはいくつかありますので、また別の機会にご紹介したいと思います。
 

関連する記事
コメント
コメントする